月別: 2020年2月

ダイエットには炭水化物を抜いて運動をする

こんにちは、ミホです。

痩身エステに通い始めてから私の中のダイエットの常識が変わりました。

まず、ダイエットするのに食べなさすぎるのはダメなんだそうです。

ダイエットっていうと、まず真っ先に食事を減らしますよね。例えば一日の食事をサラダだけにするとか、サプリメントだけ飲んで空腹を我慢するとか。

でもそういったものは痩せるかもしれないけど、キレイな体にはならないって言われました。

美ボディは、健康的に痩せていて、誰が見てもきれいな体系でないといけないんです。

なので、食事を抜くのではなく、適切に食べる必要があります。例えば、ダイエットでは真っ先に抜きそうなお肉類ですが、ダイエットにおいてはむしろ食べるべきなんだそうです。

たんぱく質はエネルギーになるので、食べないと力で出なくなってしまい、ここぞという時に踏ん張れなくなってしまうんだそうです。

ダイエット中に食事でできるだけ食べないようにするのはたんぱく質ではなく、炭水化物や糖質です。

炭水化物は、体内でどんどん蓄積されてしまい、脂肪になってしまいます。

なので、食べないようにすることが大事です。炭水化物もたんぱく質と同じくエネルギーになりますが、抜いても大丈夫なのかと心配になるかもしれません。

でも大丈夫です。

摂取してない炭水化物は体内の脂肪から使えばエネルギーとして利用することができます。

体内の脂肪ならむしろ減らしたいわけですから問題ないですし、なくなったら消費できる分だけ摂取していけば蓄積されることもありません。

ただ食生活を変えただけだと意味がないので、次に適度に運動をするようにしましょう。

ランニングでも筋トレでも良いみたいですが、無酸素運動と有酸素運動を適度にするのが良いそうです。どちらかに偏ってしまうのはあまり良いことではないようです。